アルバニアってどこだっけ?道中沈没物語

世界一人旅中に、アルバニアの田舎に住み着いた28歳女のブログ。

アルバニアの山村Thethでマッサージ店オープン

こんにちは!!かなりお久しぶりとなってしまいました。

この半年間の間、私は3ヶ月ほど日本に帰国し、クラウドファンディングで資金を頂き、

現在アルバニアの山村Thethにて夏の間期間限定のマッサージ店をオープンしました^ ^

 
9BDD8068-7380-4BEA-90CC-92190A946112
お店の外観

17708E9B-AA9C-4DCA-9D24-A4511FBF405A
マッサージ
ベッドと内観

6A1BBE13-F079-4697-89E2-5DBC597127FA
 

197E0CDF-D17B-4706-8AD5-7EC68B5BD3C1
 
 
391AFBB4-BF5D-45B2-8D03-E2EEBA13A82A

AADB8D49-4ACD-47FA-98A4-43D9CF4B49E7
左に
小さく写るテント

なんとか滑り込みで7月のオープンに間に合いました^ ^

 Theth の場所へ行くにはオフロードカーが必須で、凸凹道を最低でも1時間は運転します。

首都ティラナからは6時間程の距離です。

 夏の間限定ですが、アルバニアへお越しの予定がある方、
ご来店お待ちしております:):) 

にほんブログ村 海外生活ブログへ 

小さな村の手仕事。

街から車で30分ほどの小さな村。

モンテネグロとの国境付近にある村をZogaj ゾガイと言います。

ゾガイは25軒の家しかない村ですが、

そこにとっても可愛い手織りのラグを織る女性たちがいます。


securedownload-1



羊の毛を糸に紡ぐところから、全部手仕事!!

ゴワつきが少しありますが、

バージンウールのナチュラルな感じが素敵。

そして工場で綺麗に織られたものよりも、逆に貴重な感じがします。

今流行りのグランピング?とか

インスタ映えのする野外活動のときに使うのもアリかも。

securedownload-2



アルバニアは人件費がとても安く、

特にこういった手仕事のものに関しては、

商品に、人件費が含まれていないのではないか??

と疑ってしまうほどです。

今度日本に一時帰国する方向で動いていますが、

日本で必要な人のために、いくつか持っていきたいなと思います。

いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 

アルバニア北部のお正月の様子

そういえばアルバニアで年越しをした時のことを書いていませんでした。

今年は、日本人4人が集まり、ゆっくりこたつに入りながら年越しをしました。

AA587247-B575-4C73-8396-CBB98116150E



年越しは日本の8時間遅れなので、

すでに日本がダイアモンド富士とか騒いでいる頃は

まだYoutubeでガキ使観てました。

別に好きってわけではないけど、

みんなで観ると何と無く年末感出ますよね。

日をまたぐ時は、街の様子を見に行こう

ということが多数決で決まり、

カウントダウン?はシュコダルの中心地で過ごすことに。

正確には、カウントダウンがなかったんだけど。

ていうか、すんごい人が集まっているのに、

誰一人カウントダウンいう人がいなかった。

うん、さすがアルバニア。

よくわからない笑

こちらがその時の様子。



花火だけガンガンなってて、

なんかあっけなかった〜

別に喜んでる風もなかったし笑

そういう文化なんですね〜〜〜

でも、年末は、

『良いお年を』みたいな感じで、

『グズワー(ル)』

とみんなに声をかけてもらって雰囲気はありました!!


あと、花火は一般市民が上げてたみたい。

花火はそこらへんに売ってて、

個人個人で上げる方式。

0時の大体前後2時間くらい盛んに花火が上がってました。

1月1日のお昼も、街の様子をみに散歩へ。

A04E845A-AB1C-4F5B-BE20-32DA02D2C5D2


いつもよりひっそりとしていましたが、

数軒のカフェは空いてました!

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ