アルバニアってどこだっけ?道中沈没物語

世界一人旅中に、アルバニアの田舎に住み着いた28歳女のブログ。

東欧

入国するには強制散髪!ティラナ空港にあった理容室!

アルバニアは1945年頃〜1990年頃まで、独裁者Enver Hoxha 氏の元、鎖国体制が敷かれました。

1967年に発行された法律では、国民は西洋文化に触れることは一切禁止で、西洋に関するラジオ、テレビ、音楽を聴くことも禁止となりました。 人々は逮捕されるリスクを冒して、傍聴などをしていたといいます。

その法は、髪型や髭にまで及び、西洋風な長髪などは禁止でした。

もし男性で長髪にした者が警察に見つかった場合、その場で警察により散髪後、署に連れられ罰を受け、刑務所に入れられることもありました。

これは当時この国を訪れる外国人にも当てはまります。

1970年にはアムステルダムのサッカーチームとアルバニアの首都ティラナで試合を行うこととなりました。

アルバニア政府はこれに事前に髪型や髭の規定を申し入れています。 


髪の長さが4cm以上の場合、髭があった場合入国禁止。ちなみに女性スタッフのスカートは膝上2.5cm以上は禁止。

入国を許された外国人で、もし散髪が済んでいなかったら、ティラナの空港のその場で強制的に散髪と髭剃りが行われました。

AEC188C0-FC1D-4F0A-A073-8FDC466642BA


まさにいまの北朝鮮と似通った国であったのです。

 現代でもその風習は残り、アルバニア人男性の長髪はほぼ見かけません。

1967F67F-DD70-467E-8CB5-1D9D7CC1AB1B
 
 にほんブログ村 海外生活ブログへ

アルバニアの冬は寒い!

12月になりましたね!


アルバニアもすっかり寒くなりました。


隣のコソボは、発展途上国なのに(だから⁉︎)
どんなボロいアパートでも基本はセントラルヒーティングがあり、家の中は暖かいのですが、


新興国のアルバニアは断熱材なしの石造りの家のままで、冷蔵庫状態。


昨年編んだウールのブランケットと湯たんぽ、ウール靴下で暖をとります。


この湯たんぽ、コンロの直火で温め直し可能だから便利😊

A7C6BC77-448F-46F4-8FC5-94F714A94965
 


施術するときもお客様の足元に置いて、冷えとりに役立ってます。


ウール靴下🐑大3200円、小2500円で販売中です!
Pune me dore


にほんブログ村 海外生活ブログへ 


アルバニアの暖炉が可愛いすぎる!

こちらはアルバニアの伝統的なお家。


 


漆喰で塗られている白い暖炉がとっても綺麗😍そして可愛い😍



8CFE5B28-B2E9-4670-8A46-8D25FAECB375




このお部屋はリビングでして、Dhoma e Zjarrit(火の部屋)と呼ばれるようです。


天井は木彫にされていて、暖炉の向かい側の壁には木のバルコニーがあります。


5203E847-5931-4AE9-B5D7-178F5AB0D595



リビングは基本は男性たちの団欒の場であり、女性は様子を見て、料理など必要なものを運んだそうです。


こちらはShkoderにあるお家で、今でも人が住んでいるお宅ですが、
たまに旅行客のために解放しています:)

お越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。

東欧の雑貨店
Pune me dore  では、現在幻の靴下を販売中。


アルバニアのプライベートや移住のご相談は
こちら にをご覧ください:)

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 

アルバニアの刑務所

アルバニアは1946年〜1991年まで共産主義の体制を取っていました。


世界の共産主義社会の多くがそうであるように、アルバニアでも間もなく粛清が始まります。


沢山の人が刑務所に入れられ、多くは病気や拷問などの理由で亡くなりました。


刑務所に入る理由は些細なことであったりします。


ある男は「この牛乳はあっちの牛乳よりマズイ」と発言したことで刑務所に連行されました。


また、独裁者エンベル・ホッジャ氏のあまりの虐殺指導に意を唱えた聖職者や政治家たちも囚われ、死刑となります。


当時を振り返る老人はあの有名な「クメールルージュ」そのものだったと振り返ります。


そのように利用された刑務所はアルバニアの各所にそのままの形で保存されており、見学もできます。


こちらの画像はShkoder市内にある刑務所。

41E8C720-E51F-43BB-98FC-27E4150E4582

 


ひっそりとした佇まいで朝9時〜14時まで解放しております。見学料:100leke(約100円)


展示物や説明もとてもシンプルで分かりやすく、歴史を感じたい人にぜひ訪れて欲しい場所です。

アルバニアのプライベートツアーは
こちら
 
東欧のハンドメイド雑貨店
Pune me dore  


宜しくお願いします:):)

にほんブログ村 海外生活ブログへ